スポンサードリンク

iPhone、iPad写真管理とバックアップを暗号化。

どうも!
実オタのS.rashinです(^^)

今回は、某携帯ショップで働いてた経験と友達、知り合いから相談された経験を基に思った事を書きます。

題名通り、写真管理とバックアップを暗号化です(^^)

これが意外とみんな知らない。

そして、携帯ショップの店員も知らない。

機種変更、乗り換えなどで、バックアップ取ってます??

iCloud使ってます??

など聞かれますよね??

そして確実に言われるのが、ご自分でして下さい(;'∀')

そして、LINEの履歴などは消えますときっぱり言われます。

もちろん通常のバックアップでは消えますし、アプリ内のデータ、端末の設定データも消えます。

復元してもこれじゃすぐに使えません・・・いやいや(;´Д`)

なので、ぜひバックアップを暗号化をしてバックアップを取っておきましょう!!

◎バックアップを暗号化でバックアップを取る利点。
※LINEのトークデータ等引き継げる。

※アプリ内のデータの引継ぎ(一部出来ないアプリもあります。)

※端末内の一部情報を引き継げる。

デメリット。
※通常バックアップに比べて時間がかかる。

※バックアップを取る時にパスワードの設定、復元する際にパスワードの入力。

◎バックアップの暗号化手順。
①iTunesを起動し、iPhoneとPCを接続します。

②バックアップの欄のバックアップを暗号化にチェックを入れます。

③すると、パスワードの設定画面が出てきます。設定して下さい。
  注意!このパスワードは絶対に忘れてはダメです。

④バックアップが開始されます。

⑤バックアップ終了後、バックアップを暗号化にチェックが入ってる事と最新のバックアップの日付を確認。

以上。終了です(^^)めっちゃ簡単!

(簡単すぎるので画像は割愛しましたm(__)m)

◎続いては、写真の管理。

特にiPhoneですが、みんな写真で容量がいっぱい・・・・

ほんと多いです(^^;)

撮るだけ撮って、溜まっていく・・・

わかっちゃいるけどやめられな状態(笑)

なので、わたしの方法を紹介です。(^^)

まず、MacintoshでもWindowsでもPCにiCloudをインストールしましょう。
【リンク】Apple公式

ここを見て頂くとわかりやすいです(^^)

iPhone側では、iCloudの設定で、写真をオンにしましょう。(たぶんデフォルトでなってる。)

そして、写真アプリを起動し、共有フォルダにフォルダを作りましょう。
01487485096e1c2539c8c462cb59df00ecf86a0730.jpg
新規共有アルバムをタップして、
01e07af0f5a6f6cddb20e6d035db134f2b4473b3a1.jpg
タイトルを入れましょう。ここでは仮に2015冬。

その後、共有したい人が居るのであれば、共有したい人のメールアドレスを追加しましょう。
自分だけで良ければ空白でおkです。

2015冬のフォルダを開いて、+をタップします。
このフォルダに追加したい写真をカメラロール、フォトストリームなどから選んで投稿しましょう。
(追加時にコメントも追加できます。不要であれば空白で。)

追加した時点で、カメラロール、フォトストリームから写真を削除しても共有フォルダには残ります。
この時点で利用価値ありです。

PC側では、iCloudフォトという項目が増えているので、クリックします。

自分のストリームとiPhoneで作ったフォルダが表示されますので、

PCでフォルダを作ってドラッグ&ドロップでPCに保存していきましょう(*'▽')

はい!超簡単にPCに写真を移せます。
さらにiPhoneでフォルダ分けしているので、かなり楽ちんです(*´ω`)

写真はどんどんPCに移してバックアップを取りましょう(^^)
そして、プリントアウト、年賀状、ポストカードなどなど楽しみましょう!!

では、みなさん良いデジタルライフを(*‘∀‘)

今回も最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m
このエントリーをはてなブックマークに追加
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
メーカーリンク
スポンサードリンク
実オタ愛用ショップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク